岐阜市の紹介

過去から現在、そして未来へと発展する岐阜市の歴史や文化のほか、まちづくりの取り組みなどをご紹介します。

健康づくりの推進イメージ1
岐阜市についてメインイメージ
岐阜駅周辺イメージ1
岐阜市についてメインイメージ

岐阜市の歴史と文化

岐阜城イメージ1

「岐阜」のまちづくりは戦国武将の斎藤道三公が基礎を築き、娘の帰蝶(濃姫)の夫である織田信長公に引継がれ、現代でもその名残を残しています。道三公、信長公の思いを繋ぎながら、過去から現在、そして未来へと発展し続けています。

岐阜城

岐阜城イメージ2
日本100名月

金華山の頂に築かれ、かつて稲葉山城と呼ばれた「岐阜城」は、道三公や信長公が居を構えました。月と岐阜城の映し出す美しい風景、天守からの360度の眺望は多くの観光客に親しまれています。

ぎふ長良川の鵜飼

1,300年以上続く「ぎふ長良川の鵜飼」は、歴史と伝統に培われた技術が国の重要無形民俗文化財に指定されています。信長公をはじめとする、時の権力者らに手厚く保護され、今では多くの観光客が鵜飼見物に訪れるなど、岐阜を代表する伝統文化として知られています。

ぎふ長良川の鵜飼イメージ

岐阜まつり協賛 道三まつり

春に開催される「道三まつり」は、戦国の風雲児として知られ、岐阜のまちづくりに貢献した道三公を称えるお祭りです。昭和56年から始まった「岐阜まつり協賛みこしパレード」は、見どころの一つ。道三公は、2020年放送のNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」でも、主人公・明智光秀公の若き頃の主君として描かれます。

岐阜まつり協賛道三まつりイメージ

ぎふ信長まつり

ぎふ信長まつりイメージ

秋に開催される「ぎふ信長まつり」は、戦国武将や火縄銃鉄砲隊などで編成する「信長公騎馬武者行列及び時代行列パレード」をはじめ、音楽隊パレードなど、見どころが満載です。

さらに岐阜市の魅力を知りたい方はこちら

活かす、岐阜市ブランド

ぎふベジイメージ1
ぎふベジイメージガールがぎふベジの魅力をレポートしています

地産地消・地産外商の推進のため、岐阜市の特産農作物である「えだまめ」「かき」「だいこん」「ほうれんそう」「いちご」などを「ぎふベジ」としてブランド化を進めています。より多くの人に知ってもらうため、PRイベントの実施や専用WEBサイトを開設するなど、市内外に広く情報を発信しています。

ぎふベジイメージ2

健康づくりの推進

健康づくりの推進イメージ1

岐阜市では市民の誰もが心も体も健康に暮らせるまちづくりを推進するため、「歩く」ことを基本とした健康づくりを中心に、超高齢社会における健康寿命の延伸を図るさまざまな取り組みを実施しています。また、岐阜市の豊かな自然資源や温泉を生かし、ドイツのクアオルト(健康保養地)で行われている運動療法をもとに考案された、健康づくりのためのウオーキングの普及に取り組んでいます。

にぎわう、魅力あるまちの創出

岐阜駅周辺イメージ1

平成21年に完成した県都岐阜市の玄関口である「岐阜駅北口駅前広場」。交通結節機能が強化されるとともに、中心市街地の回遊性や歩行者の安全性向上に寄与する駅と街をつなぐ歩行者用デッキを整備しました。さらに、広場の中央部や歩行者用デッキ上には、イベントなどに利用できる空間を整備し、まちのにぎわいを創出しています。

岐阜駅周辺イメージ1