新庁舎で働くことの魅力

令和3年春に開庁予定の岐阜市役所新庁舎は、「市民に親しまれ、長く使い続けられる新庁舎」を基本理念に掲げています。新たな場所でともに、未来の岐阜市のために働きませんか。

岐阜市役所新庁舎イメージ01

令和3年春開庁「岐阜市役所新庁舎」

岐阜市では現在、新庁舎を建設しています。新庁舎は、災害から市民の暮らしを守る“安心の拠点”として高度な防災拠点機能を備えるとともに、“市民に開かれた庁舎”として「みんなの森 ぎふメディアコスモス」と連携し、さらなるにぎわいとまちの活力を創出します。また、岐阜市の豊かな自然エネルギ-を積極的に活用し、省エネルギ-に資する環境配慮設備を採用するなど、環境にやさしい“持続可能な庁舎”を実現していきます。

働きやすい新庁舎の5つのポイント

1.ユニバーサルデザインを取り入れ、誰もが働きやすい環境を実現

トイレや通路、階段やエレベーターなどを、誰にもやさしい空間として整備します。

2.仕切りのないフレキシブルな執務空間を整備

明るく開放的で、他の課や係との連携が活性化します。

3.気軽に打ち合わせできるスペースを各所に配置

職員同士の打ち合わせや、市民と職員がコミュニケーションを図るスペースとして自由に活用できます。

4.利便施設の充実

コンビニエンスストアやレストラン、銀行、郵便局が設けられ、職員にとっても利便性が高まり、福利厚生面が充実します。

5.にぎわいの場の創出

庁舎内に設けられた市民交流スペースの活用や、隣接する「みんなの森 ぎふメディアコスモス」との連携により、新たなにぎわいやまちの魅力を創出するイベントなどを企画します。

岐阜市役所新庁舎イメージ06
岐阜市役所新庁舎イメージ07
岐阜市役所新庁舎イメージ09
岐阜市役所新庁舎イメージ08
岐阜市役所新庁舎イメージ03

新庁舎開庁準備課から、職員を目指す皆さんへメッセージ

新庁舎開庁準備課では、市民の皆さんはもちろんのこと、同じ仲間として一緒に働く職員にとっても使いやすく、親しまれる新庁舎となるよう、開庁に向けた準備を行っています。新庁舎の利便性向上を目指し、市民スペースの整備とともに、職員が働く執務室のあり方などについても、関係部署等との調整を図りながら、市民の皆さんのご意見を反映していけるように努めています。“市民の声を聴き、市民のために働く ” 。これは当課に限らず、公務員として、岐阜市職員として働く上で共通することです。そのような想いや夢を持った皆さんからの応募を、新庁舎開庁準備課一同、心待ちにしています。